営農情報

2009年12月

 今回は、薬師町旧美山町内)にお住まいの

出蔵さんのところにお邪魔しました。  degura01.jpg
 
 
 
 
福井市美山地区は、自然豊かな山あいに位置しており、流れる水と、風の爽やかさが心地よく、美味しい農作物づくりにもってこいの環境です。
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  「こんにちは~よろしくお願いします。」
 
出蔵「やあどうも、こんにちは。」
 
  「お忙しいところ、お時間頂きありがとうござい
    ます。さっそくですが、出蔵さんは愛菜館のど
   ちらに出荷されていますか?」 
 
出蔵「下宇坂のお店ですサトイモ、ネギ、白菜や、
   あさつきなど、50品目以上を育ててます。
   草や米ぬかを堆肥にして、有機中心の土づくり
   をしていますよ。」

degura02.jpg degura03.jpg

 

 
 
 
「確かに、おっしゃる通り、畑はいろんな工夫がいっぱいです。この白菜、なぜ頭を結んであるんですか?」
 
 
 
 
 
 
出蔵「こうすると、虫が入らなくて、農薬をほとんど
   やらなくて良いんです。他にも、彼岸花を植え
   ておくことで、モグラ対策にしてますよ。」 
 
  「根っこでモグラが撃退できるんですね!なるほ
   ど~ もっと出蔵さんが努力なさってること、
   あるんじゃないですか 

degura06.jpg  出蔵「これです。

 
 
 

 

   

    「これは......?こんにゃくいも!?

 出蔵「こんにゃくいもは3年かけて大きくするのです が、右側の大きないもは、1個でおでんのこんにゃく100個分になりますよ。」

 

degura08.jpg

  「100個分!この、いも1個で?育ち方も、ずいぶん変わってますね。」

 
 
 
 
 
 
出蔵「真ん中が1年、左が2年、右が3年目のいもで
   す。私は、こんにゃくを加工するまでやってみ
   ようと思ってるんです。」
 
  「本当ですか! 新しいことにに挑戦されると聞
   くと、ガッツを感じます。ぜひまた取材に来さ
   せてください。」
 
出蔵「ええ、これからも美山を活性化させていかない
   と。」
 
  「今日は本当に、ありがとうございました。」