営農情報

2010年4月

 今回は、北部エコファーマーの一員である中村英春さんのハウスにお邪魔させていただきました。


写真からも見て分かるように笑顔の素敵な中村さん。


お話を聞く間も嫌な顔ひとつせず優しく答えてくれました。


中村さんが本格的に農業に力を入れ出したのは、かれこれ5年前。

nakamura1.jpg

 

どの野菜でも土作りが一番の課題。


最初は良い土壌をつくるため、追肥の調整や品種の選定、灌水の管理に防除対策など試行錯誤を繰り返していました。


中村さんは、"おいしくてきれいな ホウレン草〟を作りたいという強い想いで頑張ってきたのです。

その結果・・・・・・

nakamura2.jpg

   nakamura3.jpg

ご覧下さい!!!


 中村さんの努力が実り、このように揃いの良い、美味しそうなホウレン草が育ちました!!!

 

 

 

nakamura4.jpg

 

nakamura5.jpg  

中村さんのホウレン草の出荷時期は、11月から4月まで。

中村さんが特に自信をもってお勧めするのは、とてもやわらかい新葉の11月出荷のものとじっくり厳寒で育った、肉厚で甘みが増した1月から3月までのもの。

さらに第二弾として、5月の連休明けからそのままかじって美味しい、キュウリ。

第三弾には、フルーツ感覚で楽しめる大玉トマト。

第四弾として太陽の恵みをいっぱい浴びたブロッコリー。

ホウレン草~ブロッコリーまで、中村さんが愛情込めて作った野菜を味わうことが出来ます。
 
 
 
  
 

nakamura6.jpg  
最後に、この仕事をされていて、一番うれしい事をお聞きすると、

『見た目から味、安全性も含めて「中村さんの野菜が一番!!」と食べる人に思ってもらえる事。それと野菜を手に取る人の笑顔が見られる事』


と、中村さんは答えてくれました。


野菜作りとは、作り手と買い手、その両方の想いが重なり合う事が重要だと改めて感じました。

 

nakamura7.jpg

今後切花も栽培していきたいと言っていました。


中村さんの手で栽培されたものがどんな花を咲かせるのか・・・・・・

 


今後に期待です!!!