営農情報

越前きゅうり目揃え会 管内産抑制キュウリ選果スタート

2017年10月24日 []

当JAキュウリ専門部会は9月1日、JA特産抑制キュウリ「越前きゅうり」の選果スタートに伴い、JAの中央農業施設センターで目揃え会を開きました。

この日、JA管内の生産者をはじめ福井青果㈱、福井農林総合事務所、JA福井県経済連、当JA職員など23人が参加。はじめに市場関係者が市場情勢や県内外の他産地動向について説明。また、JA職員が出荷規格の見極め方や箱詰めの方法を説明しました。

info_170901.jpg

出荷規格について説明するJAの担当職員(右)


その後、福井農林総合事務所の担当者が収穫期間中の栽培管理方法について話し、こまめな摘葉とハウス内の温度・湿度の管理に十分注意するように呼びかけていました。

JA管内の抑制キュウリ「越前きゅうり」の栽培面積は約101アール。9月上旬から10月末まで福井市場に約20トンが出荷される見込みです。