営農情報

スナップエンドウ栽培講習会 栽培ポイントや品種特性を学ぶ

2017年12月25日 []

当JAは11月1日、スナップエンドウの栽培講習会をJA農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」の会議室で開きました。

この日、JA農産物直売所愛菜館出荷者協議会の会員をはじめとする組合員やJAの営農指導員など45人が参加。

元JA園芸特産振興担当顧問であった眞柄紘一氏が講師を務め、JAが推奨する品種(ニムラサラダスナップ)の特性や栽培方法について説明しました。

JA指導販売部 販売戦略室の担当者は「スナップエンドウは栽培面積・出荷量ともに全国的に急成長している野菜。県内市場からも地元産のスナップエンドウを求める声が強くなってきている事から、管内組合員へ栽培をすすめることを決めた」と話しました。平成30年3月に喜ね舎愛菜館の増設工事を終え、売り場面積が約2倍に拡大されることもあり、参加者は新たな品目に関心を寄せていました。

info_171101.jpg

眞柄講師の話に耳を傾ける参加者たち