営農情報

重点品目栽培研修会 市場ニーズに対応した園芸品目学ぶ

2018年8月 2日 []

当JA指導販売部販売戦略室は、福井県内での需要はあるが、栽培する農家が少ない農産物から9品目に絞り込み、栽培重点品目として掲げ、定期的な栽培研修会の開催や助成、作業受託など、新たな栽培に取り組む農家を様々な形で支援しています。

6月12日にはJA農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」の会議室で栽培研修会を開き、直売所出荷者をはじめとする組合員やJA営農指導員など34人が参加しました。

スナップエンドウやカボチャ、スイートコーンなど、この時期から取り組みやすい秋作野菜の栽培方法を学びました。各品目ごとに、種苗メーカーらが他産地の事例を紹介しながら栽培管理のポイントを説明し、参加者はメモを取りながら、真剣な表情で耳を傾けていました。

info_180612.jpg

講師の話に耳を傾ける参加者