営農情報

地域事業部別多収米部会研修会 品質と収量向上を目指して開催

2018年8月27日 []

info_180622-2.jpg

6/22 東部・南部の研修会


info_180622-1.jpg

7/20 西部・北部の研修会


当JA多収米部会は、コシヒカリ系統の多収性品種である、住友化学(株)の「つくばSD1号」と豊田通商(株)の「しきゆたか」を栽培しています。各品種の品質・収量向上を目的とした研修会をJA管内各地で定期的に開いており、6月22日には東部と南部地域事業部の部会員を対象にした研修会を、また7月20日には西部と北部地域事業部が合同で研修会を開きました。

各研修会では、住友化学と豊田通商の担当者が品種ごとの栽培管理方法について説明。その後参加者は、各地域事業部内の圃場を巡回し、生育状況を確認しました。