営農情報

東藤島管内ブルーベリー収穫最盛期 青紫色の夏の味覚大粒で品質良好

2018年8月27日 []

7月3日、当JA東藤島支店管内にある「まやまブルーベリー生産組合」の農園ではブルーベリー(品種=スパルタン)の収穫作業が行われていました。

 

この日、同組合の天谷愼十郎組合長は、大粒で鮮やかな青紫色に色づいた実を、1つずつ丁寧に手摘みしていました。同農園では、約86㌃の規模で鉢植えのブルーベリー60品種以上を、約2千本育てています。

天谷組合長によると、今年2月の大雪の影響で枝が折れてしまい、例年に比べ収穫量が半分程度まで落ち込む予想。同農園では収穫体験の受け入れをしており、「今年は実の数は少ないが、粒も大きく品質は良好。毎年体験を楽しみにしている人達がいるので、その分はしっかり確保しておきたい」と笑顔で話していました。

info_180703.jpg

「まやまさんちのブルーベリー」のブランド名でジュースやコンポートなどの加工品にも広く利用されます