営農情報

越前きゅうり目揃え会 病害虫の被害少なく品質良好

2019年10月25日 []

当JAキュウリ専門部会は、9月5日、JAの特産である抑制キュウリ「越前きゅうり」の目揃え会をJA中央農業施設センターで開きました。

info_190905.jpg

箱詰めされたキュウリを見て出荷規格を確認するようす


この日、JA管内の生産者をはじめとする関係者15人が参加しました。福井農林総合事務所の担当者は栽培管理方法について説明。収穫時期は、水分不足にならないよう積極的な潅水や、日当たりや風通しを良くするため摘葉を行うよう呼びかけました。その後参加者は、選果して箱詰めされたキュウリを実際に見て、出荷規格を確認していました。

JA管内の越前きゅうりの栽培面積は約60アール。11月頃まで福井市場に約16トンが出荷される予定。