営農情報

越前とまと目揃え会 生産者集まり、出荷規格を確認

2019年11月21日 []

当JAトマト専門部会は、9月25日、JA特産の抑制大玉トマト「越前とまと」の目揃え会をJA中央農業施設センターで開きました。

info_190925.jpg

着色基準を確かめる参加者のようす


この日、JA管内の生産者など関係者10人が参加し、出荷規格や他産地の動向について確認しました。また、福井農林総合事務所から、収穫期における栽培管理方法について説明がありました。

その後参加者は、選果して箱詰めされた越前とまとと、着色度合いが載っているカラーチャートを見比べながら、出荷の目安となる着色基準を確かめました。JA指導販売部販売戦略課の担当者は、今年の出来について、「病害虫の被害は少なく、品質良好」と話していました。

管内の越前とまとの栽培面積は約104アール。来年の2月末まで、約40トンが県内外の市場に出荷される予定。