生活情報

2010年11月

kineyakansya01.jpgkineyakansya02.jpg
実りの秋に感謝して収穫感謝祭開催!!
 JAの直売所出荷者で構成される「愛菜館出荷者協議会」は、11月6・7日の両日、農産物直売所「喜ね舎愛菜館」で、めぐみの秋を祝い、出荷者と消費者のふれあいを目的とした収穫感謝祭を開きました。
 初日は、農産物と米俵で飾り付けられた大宝船の展示のほか、農産物の品評会や即売会、旬の野菜をふんだんに使った豚汁の振る舞いなどが行われました。
 農産物の出来栄えを競う品評会では、愛菜館出荷者33人が43品を出品。品評会と大宝船に出品された農産物は、即売会で販売し、地域に役立てて欲しいという思いから、売り上げ金は福井市の社会福祉協議会に寄付されました。

kineyakansya03.jpgkineyakansya04.jpg

kinoko.jpg秋の味覚が盛りだくさん!!
 当JAの農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」では、秋の味覚が勢揃いしています。「喜ね舎 愛菜館」は、10月1日と2日、「秋の味覚きのこ祭り」と題して店内イベントを行いました。長野県のJA北信州みゆき営農部から職員2人が訪れ、同JA管内のナメコ、エノキ、シメジをふんだんに使い、信州味噌で味付けされたキノコ汁を来場者に振る舞いました。
 キノコ汁を食べた人からは「きのこたっぷりでおいしい」「体が温まる」などの声が上がっていました。店内には、この日のために揃えたJA福井市管内の各地区特産のエノキ、シイタケ、マイタケなどのきのこ類をはじめ、秋の野菜や果物が豊富に並びました。