生活情報

アクティブあぐり みやま&わかば 1周年と5周年迎える

2011年5月 6日 [アクティブあぐり]

agurim.jpg aguriw.jpg

参加者みんなで踊りを楽しんだ(みやま)            花鉢を手渡す小林常務理事(わかば)

みんな笑顔で記念の日を祝う  当JAの介護福祉施設「アクティブあぐり みやま」と「アクティブあぐり わかば」は、4月にそれぞれ開所1周年と5周年を迎えました。
 「みやま」では1周年記念イベントを開き、地元ボランティアグループ「笑謡一座(しょうよういちざ)」(田村早苗座長)の6人を招き、歌や踊り、寸劇を楽しみました。
 施設利用者をはじめ、同地区の指定介護老人福祉施設「美山貴寿苑」の利用者やスタッフなども招き、計42人が参加しました。参加者は、踊りの音楽に合わせてリズムを取ったり、一緒に歌を歌ったりしながら楽しいひとときを過ごしました。
 同施設の氏家康之所長は「本日は地元の方々みんなで1周年を祝えたことをありがたく思う。これからも地域に根ざし、地域の方々から親しみ愛されるような施設にしていきたい」と話しました。
 「わかば」では5周年記念イベントを開き、利用者をはじめデイサービススタッフなど45人が参加しました。
 当JA小林孝夫常務理事が日頃の感謝と「これからも笑顔で元気に過ごしてください」と挨拶を述べた後、各利用者に感謝のメッセージカードを添えた花の鉢を贈りました。
 その後、利用者とスタッフ共に祝い膳を楽しみ、みんなで5周年を祝いました。