生活情報

2014年5月

当JA助け合い組織「ふれあいわかば会」鶉支部は4月14日、JA鶉支店管内の公共施設「福井市農村婦人の家」で、男性だけを対象にしたミニデイサービス「男性いこいの場」を開きました。

これまで開催してきた「いこいの場」は比較的女性の参加が多く、興味はあるが、女性が多くて行きにくいという男性の意見もあり、男性だけのいこいの場を企画しました。

この日、JA鶉支店管内の組合員男性をはじめ、ふれあいわかば会会員やJA職員など14人が集まりました。

はじめに体操で身体全体をほぐした後、福井生まれの室内スポーツ「スティックリング」を体験しました。スティックリングはグラウンドゴルフとカーリングを併せたようなスポーツで、木製のクラブを使ってパックを打ち、サークルの中に入った点数で競うもの。初めて体験した参加者は「意外と難しくておもしろい。身体が温まっていい運動になった」と笑顔で話していました。

info_140414.jpg

スティックリングをプレイする参加者。


info_140402.jpg

新しくした直売所コーナーにたくさんの野菜が並びました。


当JAのAコープやしろ店は、4月2日、農産物直売所コーナーの売り場面積を拡大しリニューアルオープンしました。

今まで、地元農産物が並ぶ農産物直売所コーナーの売り場面積は約100平方メートル。今回のリニューアルでバックヤードとして使用されていたスペースを利用し、約30平方メートル拡張しました。

JA女性部が地元農産物を材料にして作った加工品を取り揃える「JA女性部コーナー」も新たに設置し、通路には余裕を持たせ、出荷者と消費者の動きがスムーズになるように改善されました。

info_140402-2.jpg

加工品をおすすめする女性部員たち。


この日、JA女性部コーナー前では福井の特産ミディトマト「越のルビー」を使ったトマトソースの試食販売会が行われ、女性部員が売り場に立って直接来店客に商品を説明しました。多くの来店客が足を止めて、商品を手に取っていました。