広報誌

2010年1月アーカイブ

粘りも強く高品質

2010年1月 1日 []

jinenjyo.jpg
  殿下自然薯生産組合は、毎年11月末から12月中旬にかけて、特産のジネンジョを約400本ほど中央予冷庫に出荷しています。


 12月9日は、竹原組合長の圃場で収穫作業が行われました。この日収穫したジネンジョは、4月中旬に定植した一畝分で、約20本。作業をしながら竹原組合長は「ジネンジョは、掘ってみないと太さや長さがわからない面白さがあるからやめられない」と、ジネンジョの出来に満足の笑みを浮かべていました。


 今年は、ジネンジョのつるが切れてしまうという台風の被害の影響も少なく、太く長いジネンジョが多数収穫されました。



ハボタン目揃え会

2010年1月 1日 []

habotan3.jpg
 高志地区花卉(かき)出荷組合は、12月14日、経済連総合センターで、正月花材として使われるハボタンの目揃え会を開きました。



habotan1.jpg
 habotan2.jpg









 目揃え会には、生産農家をはじめ、市場関係者や当JA職員など14名が参加し、ハボタンの等階級や適期収穫を確認しました。また、花蕾(からい)の直径が小さく、茎が細い小ぶりなものの需要が高いことが示されました。


 今年のハボタンの生育は平年並みで、色づきが良く草丈も十分にあり品質良好。年末にかけて、県内をはじめ大阪、兵庫など関西圏に約2万本出荷されました。