広報誌

2011年12月アーカイブ

hrw1.jpg
hrw2.jpg
みんなで作ろう!!ハロウィーン飾り
 当JA美山総合支店の生活指導員とJAの助けあい組織「ふれあいわかば会」は10月18日、地域高齢者の健康維持と増進を目的としたミニディサービス「みんなの広場」を福井市の美山公民館芦見分館で開きました。
 この日、同地区の高齢者と秋休み中の地元小学生児童ら29人が参加し、欧米の伝統行事ハロウィーンを前に、カボチャをくり抜いた飾り「ジャック・オー・ランタン」作りに挑戦しました。
 カボチャはJA美山支部女性部員たちが営農講座で育ててきた、直径約20~30㌢ほどの観賞用のカボチャを使用。高齢者と児童がペアになり、一緒に「ジャック・オー・ランタン」作りに取りかかりました。
 まず、ペンを使ってカボチャに好きな顔を描き、カボチャのコルク部分をくり抜き、中身を丁寧に取り出します。その後、最初に描いた顔の部分をくり抜いて完成です。
 参加した高齢者は「ハロウィーンの行事は今回初めて知って勉強になった。普段は子どもと触れあう機会がないので、子ども達と一緒に作業できて今日はとても楽しかった」と笑顔で話していました。