広報誌

2012年3月アーカイブ

nouzeisoudan2012.jpg
正しく申告!!JA職員がお手伝い
 当JAは2月16日から各支店で、組合員を対象にした平成23年分の農業所得等の確定申告相談会を開始しました。
 初日は、鶉総合支店と酒生支店で開かれ、農業所得を適正に申告するため、昨年の農業収益や費用などの明細を手にした多くの組合員が訪れました。訪れた組合員は、自分の順番が回ってくると担当のJA職員に熱心に相談していました。この相談会は、3月7日まで同JA管内で開かれる予定です。

miyamabaren3.jpgmiyamabaren1.jpg
☆日ごろの感謝をこめて☆
 当JA美山支部女性部は2月10日、バレンタインデーを前にしたお菓子作り教室を美山支店調理室で開きました。同支部女性部員12人が参加し、家族や友人に贈るお菓子を心を込めて作りました。
 JAの生活指導員がJA産の米粉を使用したチョコブラウニーや、簡単に作れるチョコトリュフの作り方を紹介。参加した女性部員たちは、3グループに別れ、協力しながらそれぞれを作り上げていきました。
 お菓子が完成すると、『家の光2月号』で紹介された折り鶴を小物入れ風に工夫する「お福分け鶴」を色とりどりの折り紙で作り、出来上がったお菓子を丁寧に包みました。仕上げに、カラフルなリボンや造花で飾り付け、日頃の感謝の言葉を書いたメッセージカードを添えました。
 今回参加した1人、松山千香子さんは「今日はとても楽しかったです。出来上がったお菓子は持ち帰って家族に贈ります」と話していました。