広報誌

2013年11月アーカイブ

当JA女性部員で構成される女性ブランド野菜づくりグループ「ginger girls(ジンジャーガールズ)」は、10月3日、同グループの公式イメージキャラクターである「しょうこちゃん」のイラストが入ったユニフォームTシャツを作りました。

この日、ジンジャーガールズ各支部長たちに配布されました。黒色のTシャツ前面胸部にはJA女性部のマーク、背面には大きく「しょうこちゃん」のイラストと「ginger girls」のロゴが入ります。

ユニフォームTシャツに袖を通したJA女性部の小川喜久子部長は「統一ユニフォームを着ることで、メンバー同士の団結力がよりいっそう強まった気がする。今年の収穫時期も近づいているので、気を引き締めていきたい」と話していました。JA女性部員であれば1枚1,500円(税込)で購入可能です。

info_131003.jpg

イメージキャラクターしょうこちゃんのイラストが入ったTシャツ。


下宇坂小学校の5年生児童11人は、10月2日、同校の調理室で米粉を使ったお菓子作りに挑戦しました。

この日、当JA美山支店の生活指導員が講師を務め、米粉を使ったロールケーキの作り方を紹介。米の収穫から米粉ができるまでの過程を説明し、実際に児童達の目の前で米を粉砕機にかけ、米粉を作ってみせました。

その後、2班に分かれて調理を開始。生活指導員に手ほどきを受けながら、卵、砂糖、JA福井市産の米粉を混ぜ合わせてロールケーキの生地を作っていきました。

生地をオーブンで焼いている間、米粉を使ったカスタードクリームも準備。焼き上がった生地にクリームをたっぷり塗り、形が崩れないように丁寧に丸めました。

出来上がった米粉ロールケーキを試食した児童は「焼き上がりの生地がいい香り。すごくおいしい」と笑顔で話していました。

info_131002.jpg

分量を量って材料を混ぜ合わせる児童達。

田んぼの中で自然を感じながら遊ぶイベント「第11回どろんこ祭り」が9月1日、福井市河水町の岡保小学校側の水田で行われました。

この日、市内の小学生など子ども達や保護者ら約40人が参加。田んぼの中を素足で走り回ったり、泥をかけ合ったり全身泥だらけになりながら楽しみました。

この催しは福井大学の学生サークル「Fukui Play-Studio遊房(ゆうぼう)」と岡保まちづくり委員会が主催するもので、当JAも協力参加しており、1週間ほど前から学生と協力してハナエチゼン収穫後の田んぼを耕し、水を張って準備してきました。

子ども達は巨大かるた取りやスライダー、立てた旗を全力で走って奪いあう「どろフラッグ」など様々なゲームを大きな笑い声を上げながら楽しんでいました。

info_130901.jpg

巨大かるた取りで田んぼの中にダイブする子どもたち。


カテゴリ

  • アグリらんど喜ね舎
  • セレモニーセンター