広報誌

2016年10月アーカイブ

info_161002-3.png

JA福井市誕生20周年記念旅行「ハロン湾とハノイ4日間」が実施され、第1班は10月2日出発、第2班は10月5日出発で計85名にご参加いただきました。

info_161002-1.jpg

当JA経営管理委員会 長谷川会長による挨拶

ベトナム観光のベストシーズンという事もあり、いろいろな観光地を訪れました。世界自然遺産に指定されたハロン湾では貸切船に乗って、断崖絶壁の岩肌や浸食により奇怪な形を造り上げた巨大な岩の群れ、神秘的で水墨画のような光景を間近で見ることができました。食事もヘルシーなベトナム料理から海鮮鍋、中華料理、ベトナムフレンチなどバラエティーに富んだ食事を堪能しました。

info_161002-2.jpg

貸切船でハロン湾を観光するようす

2日目の夜には当JA20周年記念イベント「ふれあいカーニバルINハノイ」が開かれ、民族衣装「アオザイ」を着たモデルのファッションショーや民族ダンスを観賞しながらブッフェ形式のディナーを楽しみました。

天候にも恵まれ、参加した方からは「大変満足のいく旅行だった」と笑顔で感想をいただくことができました。

福井市の日之出小学校PTAは8月21日、親子交流会を同小学校で開きました。

この日、同小学校の児童1〜6年生とその親255人が参加。当JA生活指導員とJA女性部フレッシュミズの会のメンバー、県JA厚生連等を講師として招き、親子食育体験を開きました。

はじめにJA生活指導員が福井の農産物や食に関する知識をクイズ形式で紹介。朝食やご飯食の大切さを教えました。その後、各学年ごとに教室へ移動し、握らないおにぎり「おにぎらず」作りに挑戦しました。

info_160821-4.jpg

出来上がったおにぎらずを半分に切ってみせるJAの生活指導員(左)

親子5人で参加していた同小学校2年生の竹内理琴さんは体験を終えて「おにぎらず作り楽しかった。家に帰ったらまた作ってみたい」と話していました。