広報誌

越前しょうが植え付けスタート ジンジャーガールズが管内で植え付け

2018年6月26日 []

info_180426-2.jpg

種ショウガを植え付けるようす

当JA女性部「ジンジャーガールズ部会」のメンバーである社営農グループは4月26日、JA社支店管内にある圃場で種ショウガの植え付け作業に汗を流しました。

この日、メンバー11人が集まり、事前に100グラムほどの大きさに割って準備しておいた種ショウガ計10キロを植え付け。その後、保温と雑草発生を防ぐために黒マルチを上から掛けました。

作業後、メンバーの1人である中川貞代さんは「昨年は天候不順などの影響もあり、例年に比べると収量が今ひとつだった。今年は土作りから十分に準備してきたので、JA営農指導員から指導を受けながら、昨年よりも良いものを収穫したい」と意気込みを語りました。

今年、JA女性部「ジンジャーガールズ部会」の活動は7年目を迎え、メンバー数は1637人。管内で合計3.5トンの種ショウガ植え付けました。

カテゴリ

  • アグリらんど喜ね舎
  • セレモニーセンター