広報誌

第4回女性部オープン講座 ハイビスカスなど夏を題材に絵手紙作り

2018年8月27日 []

当JA女性部は、7月4日、女性部以外でも参加できるオープン講座を、JA農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」の会議室で開きました。女性部活動の活性化と新規部員の加入促進を目的に実施しており、4回目の開催です。

この日、福井市内の15人が参加し、夏を彩るハイビスカスをメインに絵手紙を描きました。「季節の絵てがみ和(wa)アート協会」の河村和布己代表が講師を務め、筆を使ってハイビスカスの花や葉の描き方を教えました。参加者は、うちわや和紙にもハイビスカスを描き、講師の作品を参考にして夏に関する言葉を自由に書き入れていました。

前々回のオープン講座に続き、2回目の参加という野田眞奈美さんは、「絵手紙を描くのは初めて。筆遣いが難しく先生に教えてもらいながらやっと描くことができた。集中して描いていたら、あっという間に時間が過ぎた。何かに集中して取り組む機会が普段あまりないので、良い機会になった」と話していました。

info_180704-3.jpg

夏の絵手紙作りに挑戦する参加者

  • アグリらんど喜ね舎
  • セレモニーセンター