トピックス

2011年3月アーカイブ

jyoseiburi-da-.jpg

GOPANの実演に興味津々の参加者

JA参画を強く呼びかける
 当JA女性部は2月27日、同JA本店でリーダー研修会を開きました。研修会には、女性部各支部長や集落役員など約160人が参加。参加者は、平成23年度女性部活動の重点項目を確認し、その後学習会を開きました。
 まず、同JAの森下耕一理事長が「女性の運営参画~JAに女性の風を~」というテーマで講演。森下理事長は「JAへ積極的に参加してもらい、女性の生の声を伝えてほしい」と出席した女性部員に向けて強く呼びかけました。
 また、JA福井県厚生連による筋力低下予防体操の体験学習や、今話題の米からパンが焼けるライスブレッドクッカー「GOPAN(ゴパン)」の実演紹介がありました。
 参加者は「今日一日でいろんなことを学習できた。今回の研修で学んだことを今後の活動に活かしたい」と意欲を燃やしていました。

seisounenbu-sokai.jpg田谷さん全国大会を報告
 当JA青壮年部は2月27日、同JA介護福祉施設「アクティブあぐり あい愛」で第15回目の通常総会を開きました。
 この日、同JA各支部の青壮年部員をはじめ、委任状出席を含める120人が出席し、平成22年度事業報告や収支決算、平成23年度の事業計画などを確認しました。
 また、2月15、16日に東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれたJA青年の主張全国大会の結果報告があり、東海・北陸代表として出場した同JA青壮年部河合支部の田谷徹さんが優秀賞に選ばれたことが発表されました。会場からは大きな拍手がわき起こり、田谷さんの健闘を称えました。
 最後に平成23年度の新役員が、各支部より改選され、JA青壮年部は新たな体制でスタートを切りました。

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様への義援金の受付開始について

 このたびの東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。

 JA福井市は3月14日、東北地方太平洋沖地震の被災地支援のため、
JA管内の組合員と当JAご利用の皆様に対して、義援金の受付を始めました。
 各位のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

義援金の募集・受付方法として
 当JAの各支店窓口やAコープ各店舗をはじめとする全支店・事業所に義援金箱を設置しております。この集まった義援金は、全国及び県JAグループの各対策本部を通じて、被災地に届ける予定です。
 また、ふれあい支店を除くJA福井市の21支店においては、災害義援金の取扱いも始め、こちらは日本赤十字社福井県支部を通じて被災地へお届けする予定であります。

 なお詳しくは、当JA各支店の窓口へお問合せください。

平成23年3月14日
福井市農業協同組合
経営管理委員会会長 山田俊臣
gienkin.jpg

Aコープやしろ店に設置される義援金箱

第15回女性部通常総代会

2011年3月10日 []

15jyoseisoukai.jpgTPPの現状、問題を学ぶ
 当JA女性部の第15回通常総代会が、2月5日、本店大ホールで開かれました。
 この日、各支部の女性部員をはじめとする関係者145人が参加。平成22年度事業報告・収支決算のほか、組織強化と活性化を目指した事業計画などを確認しました。
 会では、福井市JA女性部連絡会が昨年末に展開した「愛のひとにぎり運動」で、部員から寄せられた義援金684,260円や石けん・洗剤・タオルなどの日用品の贈呈式が行われました。これらは当JAの介護福祉施設で役立てられる予定です。
 総代会終了後には、JA福井県中央会 農業対策部部長 田黒吉之氏を招き「ストップ!TPP~今こそ現状を見極めよう~」をテーマに勉強会が開かれ、部員たちはTPP問題の現状と課題を学びました。

otama2011.jpg