トピックス

2016年2月アーカイブ

info_160124.jpg

多くの女性部員が集まった女性部通常総代会のようす。

当JA女性部は1月24日、第20回通常総代会をJA本店で開きました。

この日、同JA各支部の女性部員をはじめJA役職員など、関係者約130人が参加。

JA女性部の小川喜久子部長が「ここで様々な活動報告ができるのも、皆さんが各支部で積極的に女性部活動に参加してくれるおかげ。JA女性の歌"明日輝くために"の歌詞にあるように、貴女らしく生きてゆこう明日輝くために、は私たちのまさに目標。今年も皆さんのますますの活躍に期待しています」と挨拶しました。

その後平成27年度事業報告や収支決算、今年度の基本方針や活動計画などを確認し、第4号議案では役員の改選が行われました。

総代会終了後には、タニロッソ&ナオミ ミュージックボックスによるトランペットとエレクトーンの演奏とアレグリア合唱団による合唱を鑑賞しました。

info_151217.jpg

時折メモを取りながら講師の説明に耳を傾ける参加者たち。

JA福井市とJA福井市南部の組合員で構成される福井市農業青色申告会は、12月17日、当JA本店で税務研修会を開きました。

同会は、農業所得の青色申告を通じて経営改善と合理化を図り、納税者自ら適正な納税を実現させることを目的とするもので、この日、各JA管内の会員をはじめJA職員など71人が集まりました。

福井税務署の記帳指導推進官の松田健二氏が講師を務め、所得税や消費税の改正についての注意点、農業所得やマイナンバー制度についてわかりやすく説明があり、参加者はメモを取りながら、研修内容に熱心に耳を傾けていました。

info_160405.jpg info_160405-2.jpg

ご挨拶

この度JA福井市は、平成28年4月をもって誕生20周年を迎えることになりました。

これも偏に組合員皆様のJA事業及び協同活動への参加の賜物であり、深く感謝を申し上げます。

農業やJAを取り巻く情勢の変化は激しいものがありますが、20年を迎える今年、当JAでは組合員・利用者皆様への感謝を込め記念事業・イベントを計画しております。JAとしても改めて総合事業や協同活動を理解いただく機会としたいと思います。簡単ではございますが、JA福井市誕生20周年のご挨拶とさせていただきます。