トピックス

2016年11月アーカイブ

米食をPRして消費拡大につなげようと、県JAグループは10月3日、県内の主要な駅など20か所で、通勤、通学客らに新米で作ったおにぎり約3500個を一斉に配布しました。

info_161003-2.jpg

堀ノ宮店での配布のようす

「ふくい朝ごはんキャンペーン」の一環で「朝ごはんどうぞ」という呼びかけに、足早に歩く方も足を止め受け取っていました。

info_161003-3.jpg

やしろ店での配布のようす

当JAでは女性部と青壮年部の役員が協力して、Aコープやしろ・堀ノ宮・みゆき店の各店頭に立ち、おにぎりを配布。米食の良さをPRするオリジナルリーフレットと一緒に、おにぎり合計500個を手渡ししました。

info_161003-4.jpg

みゆき店での配布のようす

JR福井駅前では、同キャンペーンCMにも出演している女優の吉田美優さんらも姿を見せ、笑顔でおにぎりを配っていました。

info_160929-1.jpg

キッチンカーで「越前しょうが」を使ったご飯とスープを振る舞ったJA女性部

福井県内各JAの農産物直売所を巡回する「JAふれあい特産市」が、9月29日、当JAの農産物直売所「喜ね舎愛菜館」で開かれました。

屋外特設ブースでは、新米コシヒカリの量り売りや旬の地元農産物が特別価格で販売され、JA青壮年部によるご飯を一口大に丸めて米粉の衣を付け油で揚げた料理「ライスボール」の試食などもありました。

info_160929-3.jpg

試食のライスボールを作る青壮年部員


また、コシヒカリ発祥の地である福井県をPRする「キッチンカー」では、JA女性部が管内産の新ショウガ「越前しょうが」を使った炊き込みご飯とスープ約300食分を振る舞い、多くの来場者で賑わっていました。

店内では、JA女性部「ジンジャーガールズ部会」メンバーが作った越前しょうがを使った酢漬けと佃煮の試食もあり、試食した人は「ショウガの香りが爽やかでとてもおいしい」と話し、レシピと一緒に越前しょうがの袋を買い物かごに入れていました。

info_160929-2.jpg

越前しょうがの酢漬けと佃煮の試食を提供したジンジャーガールズ部会