トピックス

「越前しょうが」JA越前丹生でPR JA県域合併を控え消費・生産拡大をアピール

2019年12月21日 [お知らせ]

当JAは11月9日、JA越前丹生の農産物直売所「丹生膳野菜」の収穫感謝祭で、JA福井市産新ショウガ「越前しょうが」の販売とPRを行いました。

この日、JA指導販売部販売戦略課の担当者が、250グラム入りと500グラム入りの2種類をイベント特別価格で販売。2020年4月に予定する県内10JA合併を見据え、越前しょうがの栽培方法が書かれた紙も一緒に配布し、消費と生産の拡大を広くアピールしました。

会場は朝早くから多くの来場者で賑わい、この日準備していた合計40キロ分が、昼過ぎには完売。当JA指導販売部販売戦略課の担当者は「思っていた以上に好評で、栽培に関しても興味を持っている人が多かったので驚いた。県域合併も控えているので、これを機にもっと多くの人に越前しょうがを知ってもらいたい。今後、県全体で取り組みが広がり、消費と生産拡大に繋がっていけばうれしい」と話していました。

info_191109.jpg

来場者に当JAの越前しょうがをPRするJA指導販売部の担当職員(左)


カテゴリ

  • アグリらんど喜ね舎
  • セレモニーセンター